ベスト転職 BEST CHANGING JOBS

後悔しない!転職サイト選び ベスト転職

医師転職の求人動向を把握して、ニーズに合った転職をしよう!

医師の転職は近年、増えつつあります。

以前は出身の大学病院での研修制度を経て医師となるながれでした。

しかし、新医療臨床制度の導入により研修先を自由に選択できるようになり、大学病院で勤務しなければならない理由がなくなったことが原因といわれています。

多くの方々がよりよい環境を得るために、転職を考えるのですが、果たして医師の転職での求人はどれぐらいの規模なのでしょうか?

そして、診療科目によって給与・待遇などもかわるのでしょうか?今回は、医師の転職にまつわる話をお伝えします。

 

医師の転職市場はどうなってる?最近の傾向は

転職をしてよりよい待遇や環境を求めることは、社会にでている人ならば一度は思ったことありませんか?

今回ご紹介するのは特殊な職業のひとつである医師ですが、現代の日本では医師の転職も珍しいことではなくなりました。

 

医師の転職傾向

今は高齢化社会も日本国内で大きな問題になっています。

その影響で国民の医療費増大により費用がかかる診療治療から、リハビリなどに力を入れているようになり、治療につながってしまう病気やケガをもとの問題から予防させる取り組みを日本全体でおこなっています。

そのため、リハビリ施設を兼ね備えた医院などの医師の求人が多くなっているようです。

また、女性患者が男性医師よりも女性医師に診療を望む場合も多く、そういった意味で女性医師のニーズが増えてきています

そして、専門的な技術が必要な外科や麻酔科は慢性的に医師が不足しているようです。

医師転職をする上で重要なのは、求人動向を知ること!

内科や外科などの診療科目によって、求められるものは少し異なるようです。

どのように違うのでしょうか?代表的な診療科目の求人動向をみていきましょう。

 

内科系医師の求人動向

内科はやはり需要が多いため、医師の数もその他の診療科に比べ断トツに多く、需要が高い診療科目のようです。

内科は全国どこでも必要とされているので、求人も多くあるようです。

 

外科系医師の求人動向

外科は特別な知識技術が必要なため、若い医師離れが進んでいます。

また、病院によっては外科的手術をおこなわないなど、治療内容の縮小化なども要因であるようです。

近年の医療技術により、内科医がおこなう内視鏡手術で、内科医の治療が可能な治療科目が増えたことも外科系医師の治療内容が縮小化の要因です。

一方で増えているのは脳神経外科など、診療科の中での専門分野に特化した外科的な技術を要するところでの需要が増えてきています。

 

その他医師の求人動向

その他の診療科での傾向としては、地域に密着した個人開業医院や市民病院などの小児科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科などを希望する医師が多いようです。

開業医院ともなるとオーナーである医師が一人で診療する場合も多く、何人も雇えば人件費がかかるため医師の求人を出すことは少ないといわれています。

それでも、地方などの地域に根付いた町の病院では、医師不足が続いている状態です。

このような求人を出さざるを得ない状況によって、地方の病院での求人が増えている傾向にあるようです。

 

 医師転職では年収も重要!どのような傾向がある? 

医師といえば、高収入というイメージが世間一般的にもあります。

しかし、実際は病院も会社です。同じ条件であってもそれぞれ賃金の格差があります。

 

賃金の違いはどこから?

現代の日本において、年齢や経験年数などで年収が違う体制の会社もあります。

病院も例外ではなく、まだまだ、年功序列体制が根強い日本ならではの問題なのではないでしょうか。

また、勤務する病院の規模によっても格差が生じるので、大学病院など大きな病院で研修を経て、しばらく経験を積んでから比較的規模の小さい病院へ移る医師が多いようです。

これは、都市部にある大規模な病院よりも、慢性的に医師不足に陥っている、地方にある小規模な病院のほうが賃金の設定が高い傾向にあるためだといわれています。         

   

 転職を成功させる!求人情報を賢く探す方法

転職をする気持ちが固まっているのならば、早めの行動がポイントです!

 

求人情報を効率よく収集するには?

医師の転職は、転職の前の退職をするのにも何段階か踏まなければなりません。

大学病院にお勤めであれば、退職の旨を直属の上司に伝え、そこからまた助教授・教授へと、話を進めていかなければならない場合が多いと思います。

スムーズに話が進めばよいのですが、時間がかかることを前提として、離職しようと思っている時期から逆算して半年前には行動するのが賢明です。

しかし、その間に自分で転職先を調べて情報収集するのは時間も労力もかかり効率よく転職準備は難しいように思います。

そういった際には、医師の転職をサポートしてくれる求人サイトなどを利用するのもひとつです。

自分の希望などに沿った求人を選べますし、あらかじめ不安に感じる点なども聞くことができ、納得したうえで転職先を選ぶことができます。

実際、転職を経験したかたの話なども掲載されているので、参考になるかと思います。

隙間時間で利用できるので、今の勤務に支障をきたすことなく、転職へ向けた準備ができるのでおすすめです。

 

まとめ

今回は、医師の転職についてお伝えしました。転職は人生の岐路でもあるので、どんな職業の人でも、悩まれるかと思います。

時間をかけ転職について、考えられることをおすすめします。

「自分の人生は自分が主役」

後悔することのないよう、じっくり自分自身の気持ちや人生プランと向き合ってみてください。

 

マイナビならではの求人多数!医師の転職、アルバイトならマイナビDOCTOR

転職お役立ちコラム